文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > 新製品情報


新製品情報

あたぼう、飾り原稿用紙デザインの封筒「ふたふで箋封筒」

2018年10月10日

14字×10行。魚尾の部分にあて名を書くイメージ

原稿用紙が折り返されて裏側に織り込まれたようなデザイン

 あたぼうは、2018年10月初旬から「飾り原稿用紙」のデザインを活かした封筒、「ふたふで箋封筒」(4枚:2色×2枚、税抜300円)を発売する。

 すでに同社から販売されている「ふたふで箋」を二つ折りにしてぴったり入るよう大きさを設計している。

 色は、桃色と青色の二色で、それぞれ、飾り原稿用紙の「桃雲流」「碧翡翠」のデザインを踏襲している。封筒のため、飾り原稿用紙、ふたふで箋で採用しているキンマリスノーホワイトの同じ薄さの紙は採用せず、封筒としての機能をしっかり果たすよう、OKプリンスの少し厚手の用紙を利用している。

 手紙を書いたり、ちょっとしたお礼を書いたりする用途を想定した商品。これまで同様、デザインは、デザイナーhoririum氏、監修は文具ライターである小日向京氏。飾り原稿用紙シリーズとしては、はじめての封筒となっている。

[最近の記事一覧]