文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > 新製品情報


新製品情報

プラチナ万年筆、インク鮮度を保ち続ける「#3776センチュリー」に新色

2018年11月09日

新色を追加し、高級感ある新リングで一つ上のクラスへ

新しくなったキャップリングの刻印

 プラチナ万年筆では、万年筆の最大の弱点である長期放置によるインク詰まりを解消するキャップ“スリップシール機構"を搭載した#3776 センチュリーに新色「シュノンソーホワイト」と、「ローレルグリーン」(各税抜13,000円)を2018年11月10日から発売する。フランスのシュノンソー城の美しい景観と、勝利と栄光の象徴とされてきた月桂樹をイメージして完成した。定番色としては5年ぶりとなる新色の誕生。

 今回のモデルではキャップリングの刻印を“エッチング"に変え、ロゴを立体的に浮かび上がらせて万年筆の持つ上質さをより高めている。キャップをしっかり閉じるだけで、およそ2年間メンテナンスをしなくても、常に新鮮なインクの状態で筆記を楽しめる万年筆「#3776 センチュリー」の新色となっている。

※エッチングとは…腐蝕を利用して金属に溝を作る凹版技法。ジュエリーのような立体感を演出する。

 「シュノンソーホワイト」はフランスのロワール地方にある6人の女城主に愛されたシュノンソー城の白亜で優美な姿を再現している。こだわり抜いたアイボリー調の白はゴールドフィニッシュとの相性がよく優美さが一層際立つ。シュノンソー城は川の中にせり出すように建ち、水と共に美しい景観を作っていることも、スリップシール機構によりインクが潤い続ける「#3776 センチュリー」に相応しいイメージといえる。

 「ローレルグリーン」は勝者にふさわしい万年筆。ローレルつまり月桂樹はいにしえより勝利と栄光の象徴として、リースにして優秀な者、特に王に仕える最上の言葉の使い手である大詩人をはじめとする文人に与えられた。ゴールドもまた最も優秀な者にその栄誉を讃え授与されたメダルの色。ローレルグリーンとゴールドの組み合わせは名誉・栄冠・勝利のこの上ない象徴であり、ステータスを高めてくれる万年筆にふさわしい色と言える。

[最近の記事一覧]