文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

スマホ、クラウドの対応をより強化 エプソン「カラリオ」の新ライン発表

2012年08月30日

広告キャラクターの忽那汐里さん

(左から)エプソン販売平野社長、忽那汐里さん、セイコーエプソン羽片常務(8月29日千代田区)

 セイコーエプソンとエプソン販売は、8月29日東京千代田区のホテルニューオータニで、家庭用インクジェットプリンター「カラリオ」シリーズの新製品発表会を行った。

 ラインナップは全11機種。カラリオシリーズ「EP-905F」(予想市場価格4万台中盤)、「EP-905A」(同4万円前後)、「EP-805A/AW/AR」(同3万円台前半)、「EP-775A/AW」(同2万円台中盤)、「EP-705A」(同1万円台中盤)。「PX-435A」(同1万円台中盤)と「PX-405A」(同1万円前半)、「PX-45A」(1万円未満)で、全製品とも、9月20日から発売する。

 スマートフォンやタブレット端末など新しいデバイスの普及やクラウド環境の整備が進む中、エプソンはクラウドを活用してユーザーとプリンターを結び、いつでも、どこでも簡単にプリントできる新しいプリントスタイルの総称を「Epson Connect」として提案する。

 今回の新製品では、これまでのスマートフォン向けのプリントアプリ「Epson iPrint」や、メールアドレスを持つプリンターメールでデータを送信し印刷できる「メールプリント」に加え、「メールプリント」の技術を活用してさらにサービスを拡張し、プリンターのある自宅だけではなく、外出先などプリンターから離れた場所からでもさらに簡単にプリントできる。

 また、「EP-905F/A」と「EP-805A/AW/AR」は、従来機比約40%の小型化。

 さらに、「EP-905F/A」と「EP-805A/AW/AR」は、3.5型のタッチパネル式液晶を搭載し、画面を指でスライドさせてスクロールできる”フリック操作”が可能で、スマートフォンやタブレット端末のような感覚で簡単に使うことができる。

 主力モデル「EP-805A/AW/AR」の本体カラーは、昨年と同様ブラック、ホワイト、レッドの3色を用意し、より色味や光沢にこだわったカラーを用意した。

 発表会でセイコーエプソン羽片忠明常務取締役は、「昨年の年末商戦において、エプソンは国内インクジェットプリンターシェア、前年46%から8ポイントアップし、54%獲得することができた」と挨拶した。
 
 また、新CMにも出演する広告キャラクターで女優の忽那汐里さんがゲストとして登場。新機種について「液晶の一つ一つのアイコンが見やすくなり、操作が簡単になった。いろんな方に使ってもらいたい」と笑顔でコメントした。 

[最近の記事一覧]