文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

その先の顧客に向けた価値提供を目指す コクヨKJM表彰大会

2013年11月21日

黒田社長が経営方針を発表(11月19日虎ノ門)

年間第1位に輝いた日興商会の藤繩社長(中央)を挟み、黒田社長(右)と黒田副社長

 コクヨ(黒田章裕社長)は、同社製品の年間販売に貢献するKJM(コクヨジュウリーメンバーズ)会員のうち上位155社代表を、11月19日東京港区のホテルオークラ東京に招き、「第45回コクヨジュウリーメンバーズ表彰大会」を開催し、コクヨ関係者含め190名が出席。日興商会(尼崎市、藤繩健一社長)が1位に輝いた。

 黒田社長は売上高2800億円、営業利益58億円を見込むと今期業績の見通しを発表。事業の方向性について「リーマンショック以降、確実に回復の道をたどっている。コクヨグループの取り組みとして、お客様の成長・豊かさを実現できるバリューチェーンを目指していく。これからの時代に向けて、KJM会員のお得意先様の先のお客様までが満足できるサービスや商品を提供し、お役立ちしたい」と、最後のお客様までが満足できる価値提供を目指す。

 今期のエメラルドコース(文具部門)の全KJM会員店1社平均売上推移は前年比86.3%(コクヨS&T97.7%)、ダイヤモンドコース(ファニチャー部門)は同112%(コクヨファニチャー106%)だった。

 表彰式では、取扱高増額ベスト30社、各部門の売上上位30社を、順次壇上で表彰。黒田社長から謝辞とともに楯などが手渡された。今期も文具、家具の両部門で年間を通して売上第1位は、日興商会だった。

[最近の記事一覧]