文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

次世代ワールドホビーフェア'14 Winter ショウワノートが出展

2014年01月27日

ショウワノートブース。午前10時30分の時点でキャラクター文具を買い求める人で溢れかえっていた

「妖怪ウォッチ」「オレカバトル」の文具が次々と売れる

 日本最大級のゲーム&ホビーの祭典「次世代ワールドホビーフェア'14 Winter」(次世代ワールドホビーフェア実行委員会主催)が、1月25日~26日まで、千葉の幕張メッセで開催され、昨年対比121.5%の11万8631人(1日目5万6751人、2日目6万1880人)が会期中に来場し、大変な賑わいとなった。

 初日25日は入場まで120分待ちの行列となり、会場では最新作のゲームやおもちゃの体験コーナー、グッズの販売に並ぶ親子連れの長い行列ができ、ステージパフォーマンスやクイズの質問に対し、子ども達が元気よく手を上げた。また、大人気漫画家によるサイン会や漫画講座なども開催し、あこがれの人物を目の前に目を輝かせる光景が見られた。

 文具業界からはショウワグループ(ショウワノート・ショウワグリム)がゲーム&ホビー会場に出展し、限定のホログラム下敷きや先行品、現行品の他、ガールズとボーイズの各くじ引きを行った。

 キャラクターラインナップは、人気上昇中の「妖怪ウォッチ」「オレカバトル」に加えて、人気が続く「イナズマイレブンGOギャラクシー」「アイカツ!」「LINE」「ドラえもん」。

 そのほか、「ぼんぼんりぼん」「ポケットモンスターXY」のポンキーペンシル、大人気の「モノホンケシカスくん カスプレ大百科プロケシ軍団大集結!!編」も特別に先行販売。今回は読者応募の中から選ばれた「バカスンくん」も登場。

 ブースのパネルには2014年春に開催するジャポニカ学習帳×スマートフォン「親子で参加する クイズイベント」の告知や「おえかきレター キャラレタ」の実物展示なども行い、行列を待つ来場者の目を飽きさせない工夫も。

 今回はボーイズキャラクター人気の世代交代を感じさせ、中でも「妖怪ウォッチ」「オレカバトル」がショウワノートブースだけでなく会場全体を賑わせていた。今後の流れにも注目したい。

[最近の記事一覧]