文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

松屋銀座で「くまのプーさん展」がスタート 8月25日まで

2014年08月07日

垂れるハチミツをモチーフにしたディスプレイがところどころに目立っていた

原作にあるE・H・シェパードの挿絵をアレンジした「クラシックプー」のグッズもたくさん

 世界上の人々から愛される「くまのプーさん」の魅力や世界観を紹介する企画展「くまのプーさん展 WINNIE THE POOH EXHIBITION」(NHKサービスセンター主催)が、8月6日、東京都中央区の松屋銀座でスタート。初日午前10時のオープンとともに、大勢のプーさんファンの女性客らが来場し、大盛況だった。

 くまのプーさんと仲間たちが住む100エーカーの森をはじめ、セル画、キャラクタースケッチ、ラフアニメーション、マケット(模型・雛形)のほか、映画「プーさんとはちみつ」(1966年)のオリジナルのセル画や背景画、ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームのプーさんのプレートなどウォルト・ディズニー・カンパニー秘蔵の日本初公開の資料など400点が披露されている。また開催を記念して、絵本作家や各界著名人が「くまのプーさんへの想い」を表現した作品やメッセージなども展示されている。

 初日開場前のイベントには、自身も同展に写真を出品したプロゴルファーの東尾理子さんが息子の理汰郎くんとともに登場。途中でスペシャルゲストのプーさんが登場すると理汰郎くんが号泣してしまい、東尾さんがプーさんに謝り、会場の笑いを誘っていた。

 併設のグッズマーケットでは、会場でしか手に入らない限定オリジナルアイテムや、先行発売の最新アイテムなど多数のプーさんグッズを販売している。

 東京の後は、9月2日~10日、福岡三越で開催予定。

[最近の記事一覧]