文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

「トンボフェア2015東京」スワロフスキー・クリスタルで飾ったZOOM発表

2015年08月05日

来年30周年を迎える、中高級デザイン筆記具ブランド「ZOOM」をまとめて入り口近くで展示

会場の様子

 トンボ鉛筆(小川晃弘社長)は、8月5~6日の2日間、秋の新製品発表会「トンボフェア2015東京」を台東区柳橋の共和フォーラムで開催し、文具卸店、文房具店、文具納品店、量販文具担当者など、前年とほぼ同数の2日間3社合計1,600名が来場する予定。

 東京会場のカバーエリアは、東北・関東・中部地区を中心にして、例年のとおり、ショウワノート、サンスター文具との3社連携で同会場で実施する。トンボフェアとしては今回で4回目。

 会場では、主力ブランド「MONO」、「PiT」、「ZOOM」、「ippo!」の新製品を中心に、カテゴリートップの定番品を展示。売場づくりの施策を提案して、新製品の導入率向上と定番の拡充を図る。

 各コーナーでは、営業担当、販売促進担当、マーケティング担当、製品開発担当が直接来場客に同社独自の特長や企画意図をアピールした。

 また販売店に製品機能・性能を実感してもらうデモンストレーションコーナーでは、高機能テープのり「ピットCシリーズ」を実際に試してもらい拡販に繋げた。

 会場では、スワロフスキー・クリスタルで飾った「ZOOM505SW」が注目を集めた。

 ZOOMシリーズの中では稀有な女性向けモデル。数々のデザイン賞に輝くZOOM505の水性ボールペンをベースに、直径約6.5㎜の大粒クリスタルを中心に配し、15個の小粒クリスタル(直径約1.35mm)で縁取り。虹色に輝くスワロフスキー・クリスタルのためにボディカラーには5つのニューカラーを開発・採用した。

 同社は8月20日(木)、21日(金)の2日間、新製品発表会「トンボフェア2015大阪」を大阪OMMビル(中央区大手前)で開催する。大阪でも、ショウワノート、サンスター文具と3社連携で開催し、2日間で3社合計約800名の来場者を見込む。


【トンボフェア2015東京 主力展示品】(すべて税抜)

複合シャープペンシル「モノグラフワン」(250円 9月中旬発売)

MONOデザインのシャープ芯「モノグラフMG」(0.5ミリ×40本/0.3ミリ×20本 200円 9月中旬)

モノマークシート用鉛筆シリーズ「MONO mark sheet」(ダース1,200円/マークシートセット500円/2本200円/無地柄3本300円 10月上旬発売)

誰でもきれいに修正できる「MONO ergo」クリアボディ(300円 8月5日発売)

普通の紙を付せん紙に変えるテープのり「ピットタックC」(250円 10月下旬発売)

テープ切れアップ、マイカラー4色。進化する「ピットリトライC」新シリーズ(250円 10月下旬発売)

塗ると香る「ピットハイパワーSアロマ」(ローズの香り グレープフルーツの香り フレッシュフローラルの香り 各120円 10月下旬発売)

シンプル&クオリティー パーソナル&ギフトペン「ZOOML105」( 油性ボールペン/シャープペンシル 1,800 円 11月上旬発売)

スリムな多機能ペン。タブレット対応もラインナップ「ZOOML104(数量限定)」(多機能ペン3,000 円/タッチペン付き3,200円 10月中旬発売)

スワロフスキー・クリスタルで飾った「ZOOM505SW(数量限定)」(水性ボールペン 7,000円 10月中旬発売)

コウテイペンギンとラッコが仲間入り、 2柄を加えて6柄に「ハローネイチャーかきかた鉛筆」(ダース600円 10月上旬出荷開始)

MONO消しゴムにメッセージ託して「MONO消しゴム ハッピーモデル(限定)」(100円 10月上旬発売)

[最近の記事一覧]