文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

ぺんてるの落書きカフェ 今年も銀座に限定オープン テーマは美術館

2015年09月04日

ぺぺとルルが絵画に落書きする
※有名絵画や石膏像は著作権の切れた作品のレプリカ

ぺぺ&ルルの間に和田社長

 ぺんてる(東京中央区、和田優社長)は、昨年約2ヶ月間で6千名以上の来店客数を記録した、店内にあるもの全てにらくがきできるカフェバーを、今年も中央区銀座に9月6日(日)~10月31日(土)の期間限定でオープンする。

 店名は「GINZA RAKUGAKI Café & Bar by Pentel」。

 同社は、2013年から新ビジョンとして「表現」する道具をつくり、「表現」することを手助けする会社になることを掲げている。同カフェは、より多くの人々に表現することを体験してもらうことを目的にする。

 2015年のテーマは「美術館」。店内は美術館をモチーフにした内装。テーブル、椅子、壁、床、窓、柱だけでなく、ゴッホ、フェルメール、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ムンク、マネといった有名絵画や石膏像にも自由にらくがきする事ができる。

 主な特徴では、日替わりのオブジェを設置。らくがきしてもらったオブジェはその後店内に展示。らくがきを楽しめるフードやパステルカラーのドリンク等、ぺんてるらしいメニューが豊富。

 また、通常の約10倍の巨大クレヨンを設置。ハロウィーン時期には、店内がハロウィーン仕様に変身。フェイスペイントも行う。超極細シャープペンシルで書いた、あっと驚くペペ&ルルのオリジナル絵画の展示や毎日数回のサプライズなフラッシュモブを実施する予定。



『GINZA RAKUGAKI Café & Bar by Pentel』概要

期間 2015年9月6日~10月31日

住所 東京都中央区銀座5-6-5 NOCO7階

電話 03-3573-8015


【公式ホームページ】

http://pentel-rakugaki.jp/

[最近の記事一覧]