文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

約20万人が来場見込み ギフト・ショー春2016 2月3日から開催

2015年09月24日

挨拶する芳賀社長(右)

 来年2月3日~5日に東京ビッグサイト全館で開催される、日本最大のパーソナルギフトと生活雑貨の国際見本市「第81回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2016」(主催ビジネスガイド社)の記者発表会が9月18日、東京都台東区の浅草ビューホテルであった。

 主催者の芳賀信享社長らが登壇し、今回の開催概要を説明。2500社が出展し、3日間でのべ約20万人が来場する見込みと示した。国内外の出展社が、カテゴリーごとに分けられた45のフェア内で、おすすめの商品やサービスを提案する。

 今回のテーマは「グローバリゼーションのモノ作りで成功」。テーマの展示コーナーでは、国内自社工場で技術力を生かして生み出された新しい商品や会社などを取り上げ、世界中のバイヤーに紹介する。

 「ディズニーエキスポジャパン2016」や「第19回グルメ&ダイニングスタイルショー春2016」、新進気鋭のデザイナーとの出会いの場となる「ACTIVE CREATORS」も同時開催する。

 また、東5ホールでは「広島のものづくりプロジェクト“ヒロシマ・デパートメント”が出展。広島のモノ、コト、ヒトをつなぐプラットホームを目指し、広島生まれの優れモノを一堂に取り揃えて発信する。

 文具関係では、筆記具、紙製品、ラッピング用品、スタンプ、カードなどパーソナル向けを中心にする「ステーショナリー&ペーパーグッズフェア」、雑貨テイストの文具商材、デザイン性の高いステーショナリーを集めた「STYLISH文具フェア」、ホビー&クラフトのためのツール、手作り志向ユーザーのための商材を揃えた「手作りホビーメイキングフェア」などを企画する。

 出展申し込みの締め切りは、11月6日。

[最近の記事一覧]