文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

未来から考え、変革に挑戦 リコーが2016年度入社式

2016年04月01日

入社式で挨拶する三浦社長

新入社員と握手

 リコー(三浦善司社長)は4月1日午前、東京のリコー大森事業所で2016年度入社式を行い、新入社員174名(男性137名・女性37名)が出席した。
 
【三浦社長挨拶】
 
 リコーは1936年に創業し、「ものづくり力」と「お客様接点力」の両輪で成長し続けてきて、今年の2月6日で創業80周年を迎えることができました。そして、皆さんが入社20 年目のころには、会社は100周年を迎えます。この未来のリコーを創っていくのは他でもない、本日入社した皆さんです。

 そんな皆さんにお願いしたいことは、「想像力」と「変革力」を身につけることです。「RICOH」のロゴの下にある「imagine. change.」という言葉がそれを表しています。皆さん一人ひとりが、目指すべき未来を想像して、その未来の姿を実現するために、変革に挑戦し続けて下さい。

 今後のリコーの事業領域は、複合機やプリンターだけではありません。既に始まっているさまざまな新規事業もあれば、今後皆さんが創り出していく事業もあるでしょう。また活躍の場も、日本だけでなくグローバルに広がっています。是非世界に通じる若い力を、柔軟性をもって発揮して欲しいと思います。

 私は日頃から、自分の専門ではだれにも負けないレベルの第一人者になるとともに、専門外のことにも興味を持って取り組むことでより成果が高まると信じています。リコーの創業者である市村 清も「大発明は専門外に視野を広げた円の外側からヒントを得ることが多い」と言っています。

 皆さんが社内の人々に加え、お客様に代表される外部の人々との関わりを深めながら、世界の各地で活躍する日が来ることを心から待ち望んでいます。

[最近の記事一覧]