文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

ゼブラの「赤い羽根の寄付金付きボールペン」 寄付金贈呈式を開催

2016年04月21日

贈呈式の様子

サラサクリップ赤い羽根

 ゼブラ(石川真一社長)は、赤い羽根募金活動のマークがクリップに印刷された寄付金付きボールペンの売上の一部を、中央共同募金会に贈呈し、4月21日、千代田区霞が関で贈呈式が行われた。

 商品名はジェルポールペン「サラサクリップ赤い羽根」(軸色1色 インク色は黒 太さ0.5ミリ 税抜100円)。今回の対象期間は、2016年2月1日~3月31日で、贈呈額は13万6125円。

 同ボールペンは、中央共同募金会との協力により、今年2月1日から全国の文具取扱店で販売。購入者にとっては、身近で実用的な筆記具を購入することで簡単に募金活動に参加することができ、好評を得ている。

 ゼブラから中央共同募金会への寄付は、半年に一度まとめておこない、今回が初回となる。寄付金は商品の各都道府県別の売上に応じて全国の共同募金会に配分され、地域の子供の学びを支援する事業に使用される。

 贈呈式に出席したゼブラ増田勝弘常務は「発売して2ヶ月だが、年度末をひとつの区切りとして、式を開催していただけることになり、大変光栄に思う。当社の目的は、本業である筆記具の製造販売を通じて、社会貢献のための寄付活動をおこなうこと。4、5年前の勉強会をきっかけとして、中央共同募金会さんと協力関係を築くことができた。CSRの責任者として、今後も続けていきたい」と挨拶した。

 また、中央共同募金会の中島謙次常務理事は「高齢化で町内会の募金額が伸び悩む中で、ゼブラさんのCSR活動とマッチしてこのような取り組みが進められていることに心から感謝します」と述べた。

[最近の記事一覧]