文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

日本ホールマークが新作展示会 楽しさあふれるコミュニケーション商材

2016年06月04日

会場にはクリスマス商材もずらりと並んだ

20柄すべて違うデザインでつづったレターシリーズ「20 Designs」もヒットの予感

 日本ホールマーク(東京都港区、畦地教子社長)は6月2、3日、東京都品川区の東京デザインセンターで、秋冬の新製品を発表するホールマークフェアを開催し、新作を展示した。大阪では6月8、9日に大阪市のハートンホールで開く。

 今回の展示テーマは「楽しさあふれるコミュニケーションを」。

 7月~9月発売の洋風クリスマスや和風クリスマス、年賀商品、カレンダー、ダイアリー、秋柄・冬柄商材、また7月、8月発売のエブリデー商品、ユニセフカード、ライセンス商材を紹介した。

 注目は、マイ・リトル・ギャラリー(7月11日発売、全12点)。子どもたちが描いた絵を、簡単にアート作品のように飾ったり、作品集として保管したりできるアイテムを発売する。今年3月に発売した「マイ・ファースト」に続くママ向け商材第2弾。

 また、ユニセフと2015年秋に協定を結んでカード等の製造販売は好評のため、ラインナップを拡大。通年販売のデザインはがきや美しい箔加工を行ったクリスマスカードなどを展開する(8月8日発売)。

 そのほか、コミュニケーションをより楽しめる、アメリカンコミック調のアートが特徴的な「ザッツ・コミックショー」(7月11日発売、全36点)や大ヒットを続けている「イケメン付箋」の新柄・日本昔話男子シリーズ(7月11日発売、全8点)などを紹介した。

[最近の記事一覧]