文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

「ピーナッツ」の日本国内長期独占エージェント契約 SCPが締結

2016年06月24日

(c) 2016 Peanuts Worldwide LLC

 ソニー・クリエイティブプロダクツ(SCP、長谷川仁社長)は「スヌーピー」で知られるチャールズ M.シュルツ氏原作の「ピーナッツ」の日本国内長期独占エージェント契約をPeanuts Worldwide LLC(米国)と締結した。

 契約に含まれる権利は、商品化権(広告/プロモーション含む)、書籍出版権、コミック配信権、アニメーションの放送権、アニメーションの公衆送信権。

 SCPは、2010年に「ピーナッツ」の国内独占エージェント権を獲得して以来、「ピーナッツ」のライセンス展開を先導し、市場を大きく成長させた。

 オフィシャルショップであるスヌーピータウンショップを全国23店舗まで拡大し、これまでのキャラクターカフェとは異なる普段使いの大人カフェをコンセプトとしたPEANUTS Cafeや、和をコンセプトとしたスヌーピー茶屋を開店するなど、リテール展開にも注力してきた。

 さらに2016年4月には、チャールズ M.シュルツ美術館(米国)の世界初となるオフィシャルサテライトとして、「スヌーピーミュージアム」を東京・六本木にオープンし、キャラクタービジネスの新たな領域を「ピーナッツ」とともに切り開いた。

 2018年に、「ピーナッツ」の日本デビュー50周年を迎え、今後もSCPは、「ピーナッツ」のブランド価値をこれまで以上に高め、さらなる幅広いライセンスビジネスを展開していく。

[最近の記事一覧]