文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

東京ギフト・ショー拡大 来春2月にトータル10days 展示面積も1.5倍に

2016年07月27日

説明するビジネスガイド社芳賀社長

日本市の国際化について、特別ゲストのプロダクトデザイナー喜多俊之氏が話した

 来年2月、東京ビッグサイト全館で開催する、日本最大のパーソナルギフトと生活雑貨の国際見本市「第83回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2017」(主催ビジネスガイド社)の記者発表会が、7月26日、千代田区のホテルニューオータニで行われ、日程や開催規模がさらに拡大すると発表があった。

 開催まで約1か月と迫っている「第82回東京インターナショナル・ギフト・ショー秋2016」(9月7日~9日)の開催概要やテーマなどについての説明後、2017年2月開催の「第83回東京ギフト・ショー」の開催概要が発表された。

 会期は、2016年2月8日(水)~10日(金)の3日間、従来使用していた東展示棟1~6ホール・西展示棟1~4ホール・アトリウムに、新館(東展示棟7・8ホール)を加えた、東京ビッグサイト全館を使用し開催する。

 これにより会場面積は1.5倍に拡大し、より国際的な見本市へと生まれ変わる。テーマは「がんばろう日本 創造と発見 新しい世界の輪」。

 さらに、2月1日(水)~3日(金)の3日間、東展示棟1~3ホールを使用し、ギフト・ショーのスピン・オフともいえる見本市「ギフト・ショー LIFE × DESIGN」を同時開催展として立ち上げ、デザインプロダクツ、モダンなメイドインジャパンプロダクツ、リノベーション関連商材を提案する他、プロフェッショナルのための国際的な美と健康のトレードショー「プレミアムビューティー・ヘルスショー」を2月6日(月)~9日(木)の4日間、東展示棟7ホールで初開催する。

 また長年、池袋サンシャインシティ・文化会館を使用して開催していた「東京インターナショナルプレミアム・インセンティブショー」は、2月8日(水)~10日(金)の3日間、会場を東京ビッグサイト西展示棟4階3・4ホールに移し、ギフト・ショーと完全に同時開催となる。

 芳賀社長は「来春、東京ギフト・ショーはさらなる成長と進化を遂げる。展示面積は1.5倍に拡大し、会期は2月1日~10日のトータル10日間開催。まさにギフト・ショー・ウィークといえる。出展4000社、期間中30万人の来場を見込む」と挨拶した。

 出展申し込みの締め切りは、2016年11月7日。出展社説明会は12月6日に東京ビッグサイト会議棟で予定する。

[最近の記事一覧]