文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

リコージャパン、J.D. パワー社のCS調査2分野で2年連続第1位

2016年09月30日

 リコージャパン(松石秀隆社長)は、CS(顧客満足度)に関する調査・コンサルティングの国際的な専門機関であるJ.D. パワー社が実施した2016年日本ITソリューションプロバイダー顧客満足度調査の独立系/ユーザー系/事務機器系SIer セグメント、および2016年日本IT機器保守サービス顧客満足度調査<サーバー機編>の2分野で、2年連続で第1位の評価を得た。

 リコーグループでは、株式会社リコーが2016年日本カラーレーザープリンター顧客満足度調査で第1位の評価を受けており、あわせて3つの分野で顧客満足度第1位を受賞した。

 2016年日本IT ソリューションプロバイダー顧客満足度調査は、全国の従業員規模50名以上の企業を対象に、情報システムの導入・構築事業者に対する満足度を明らかにする調査。

 満足度の測定にあたっては、総合的な顧客満足度に影響を与える6つのファクター(「導入・構築対応」、「システム品質」、「障害・トラブル対応」、「コスト」、「営業対応」、「サービス提供体制」)を設定し、各ファクターの総合満足度に対する影響度をもとに、総合満足度スコアを算出している。

 同社はランキング対象となった8ベンダーのなかで、「導入・構築対応」、「障害・トラブル対応」、「コスト」、「営業対応」、「サービス提供体制」の5つのファクターにおいて最も高い評価となり、2年連続で顧客満足度第1位だった。

 一方、2016年日本IT機器保守サービス顧客満足度調査<サーバー機編>は、全国の従業員規模50名以上の企業を対象に、サーバー機(メインフレーム・オフコン含む)のハードウェア保守契約の満足度を明らかにする調査。満足度の測定にあたっては、総合的な顧客満足度に影響を与える5つのファクター(「障害受付対応」、「復旧作業」、「平時の対応」、「サービスメニュー」、「コスト」)を設定し、各ファクターの総合満足度に対する影響度をもとに、総合満足度スコアを算出している。

 同社はランキング対象11社のなかで、「障害受付対応」、「復旧作業」、「平時の対応」、「コスト」の4つのファクターにおいてトップスコアを得ており、2年連続で顧客満足度第1位に選ばれた。

[最近の記事一覧]