文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

エムディーエス展示会に131社が出展 仏像ステーショナリーが初登場

2016年10月06日

出展社イチオシの商品が集められたコーナー

仏像ステーショナリーを紹介する平岩のブース

 店頭向け提案型文具卸、エムディーエス(鷲見孝社長)の「2016 AUTUMN MDS FAIR」が、10月4日、東京都台東区の都立産業貿易センター台東館であった。

 新規2社を含む131社が出展し、約630名が来場した。展示会のテーマは「STATIONERY LIFE STYLE」。

 午前9時のメーカー朝礼で、鷲見社長は「昨日(3日)に発表になったノーベル医学・生理学賞を受賞した大隅さんは、これまであまり顧みられなかった分野でコツコツと実績を積み重ねてきた結果、大きな成果につながった。エムディーエスも、短期、中期、長期の目標を立てて、社内で切磋琢磨しているが、その変化は次回以降の展示会で見て頂けるかと思う。業界ではデザイン分野で認知されていると思うが、ほかの分野でもますます研鑽を積んでいきたい」とあいさつした。

 午前9時半のオープンと同時に、全国から訪れたバイヤーで混雑。各ブースでは秋以降に発売する新商品やヒット商品などが並び、担当者が熱心に説明していた。

 MDS提案コーナーでは、和をモチーフにした文具や雑貨を集めた「Wa ごころすたいる」や桜のアイテムを集積した「桜-sakura-」のほか、14のエンド提案を行った。

 新規出展の平岩は、じわじわと人気が広がっている「仏像ステーショナリー」を紹介。取扱店も拡大中で、特に大仏や阿修羅、弥勒菩薩などのキャラクターが人気だという。

 同じく新規出展の知識工学研究所は、読書に役立つ便利グッズを展示。寝ころんだまま楽に読書ができる商品などを紹介し、話題を集めていた。

 次回は、2017年2月8、9日に同会場で、「2017 SPRING & SUMMER FAIR」を開催する。 

[最近の記事一覧]