文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

国内外のインテリアが結集 インテリアライフスタイルリビング2016

2016年11月09日

奥に並んでいるのが新製品の「mt CASA SHEET」

これから流行する新しいデザインが多く集まる同イベントは、多くの人で混み合った

 ライフスタイルを提案するインテリア総合見本市「IFFT/インテリアライフスタイルリビング」(メサゴ・メッセフランクフルト、日本家具産業振興会共催)は、11月7日から9日までの3日間、東京都の東京ビッグサイト東4・5・6ホールで開催。2008年にIFFTとして展開して以来最大の出展者数となる450社・団体(国内:370 海外:80)が出展し、3日間で前年の1万7999名を大きく上回る2万127名が来場した。
 
 会場には、高い技術力を誇る国内各産地の家具、海外人気ブランドの新作、若手デザイナーによるプロダクトなど、デザインとクオリティを兼ね備えたインテリア製品が集結した。

 また、今回が第3弾となる特別企画「THE HOTEL~ほてるホテル~」は、「スープストックトーキョー」などを展開するスマイルズ社が、「世の中の体温をあげる」ような新しいホテルのステイスタイルをプロデュースし、ホテルビジネスを支える商材が集まった。

 文具業界からはカモ井加工紙が出展。9月に発売された「mt CASA SHEET」をメインとして展示。壁や床に貼ることができるシートで、同社担当者は「今までの製品と違って耐水性、耐久性のあるシート。この製品でインテリア業界にも進出していきたい」と語った。

 そのほか、 飛騨木工連合会が、「飛騨の家具アワード 家具デザインコンテスト」の受賞結果を発表。最優秀賞に加藤遼真氏の作品「PINUS」が選ばれ、会場では表彰式がおこなわれた。

[最近の記事一覧]