文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

エプソンが高速インクジェット複合機などを発表 高速印刷を実現

2017年02月02日

左からセイコーエプソンの久保田・プリンター事業部長、碓井社長、エプソン販売の佐伯社長

WorkForce Enterprise LX-10000F

 セイコーエプソン(碓井稔社長)とエプソン販売(佐伯直幸社長)は2月2日、オフィス向けの高速インクジェット複合機/プリンター WorkForce Enterprise 「LX-10000Fシリーズ」「LX-7000Fシリーズ」を5月に発売すると発表した。

 2シリーズは、新開発の「PrecisionCoreラインヘッド」を搭載し、LX-10000Fシリーズでは100枚/分、LX-7000Fシリーズでは75枚/分の高速印刷を実現。両面印刷速度についても、LX-10000Fシリーズは100ページ/分、LX-7000Fシリーズは75ページ/分の高速印刷ができる。

 このラインヘッドは、新開発のプリントチップを斜め配列することで、ヘッドの小型化に成功。これにより、高速印刷をオフィスに設置できるコンパクトサイズで実現した。

 新プリントチップは1.53インチ、333dpiの高密度化を実現。チップを斜め配列することで、印刷解像度は600dpi×1200dpi(最高解像度600dpi×2400dpi)の高精細・高画質の印刷が可能となった。

 ノズル詰りが発生した場合でも、「ノズル自己診断システム」により、1枚印刷するごとにノズルの状態を自動的に検知し、画質を調整する。インクは、高速印刷を高画質で実現するため、速乾性を向上した顔料インクを全色で採用。

 また、圧倒的な低消費電力を実現。印刷プロセスでは、インクを噴射するのみというシンプルな構造のため、定期交換部品が少なく、トラブル時にもアクセスしやすい。

 そして、大容量インクの搭載により、モノクロでは10万枚、カラーでは5万枚の印刷が可能だという。

 このほか、機能を拡充したA3複合機/プリンター「PX-M7070X」「PX-S7070X」も3月に投入すると発表した。

 今回発表したモデルには、「エプソンのスマートチャージ」が利用でき、使用環境などに応じた三つのサービスプランが選択できる。

 碓井社長は、「すべての印刷を、私どものインクジェットに置き換え、環境に優しく、そして創造性に豊かな社会を作り出していく。先日発表したペーパーラボとともに、新しいオフィス環境を作り上げたい」と述べた。

[最近の記事一覧]