文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

東京クラウンとタキネットが70周年 新社長披露重ね400名の大パーティ

2017年09月22日

この20年間の激動の流通変化を振り返り、感謝の言葉を綴った原田政樹会長

今年6月に就任した原田和樹社長

 東京クラウン(原田和樹社長)の創業70周年記念の顧客感謝のパーティが、主要取引先メーカー、金融機関、株主代表と大東京圏の顧客ら約400名を招き、9月19日午後4時30分から東京日本橋蛎殻町のロイヤルパークホテルで催された。

 同社グループのタキネット(園田浩司社長)設立70周年と静岡クラウン(池ヶ谷和孝社長)の創立50周年、さらに70周年を機会に社長交代し、原田和樹新社長(41歳)就任披露を重ねた記念の謝恩パーティとなった。

 はじめにグループを代表して登壇した原田政樹会長が自ら社長に就いた20年前の50周年(平成9年)を回顧し、時代社会の変化に対応して現在に至った経緯(別項)を話し、感謝の言葉で結んだ。

 原田新社長は「AIやビッグデータの時代に企業を任され緊張していますが、激しく動く社会需要に強いスタンスを固め、基本として顧客期待に十分応えていきます」と抱負を述べた。またグループのタキネット・園田浩司社長、静岡クラウン・池ヶ谷和孝社長もそれぞれ自社経営の紹介を行い、謝辞を述べた。

 すべての出席者を代表する形で、りそな銀行の東和浩取締役会長兼代表取締役社長(りそなホールディングス取締役兼代表執行役社長)が「東京クラウンさんとは大和銀行下谷支店の時代から67年間のお取引を頂いています。これからも変化の先頭に立つ企業として成長してください」と祝辞をおくった。

 ゲストの祝辞など省略しすぐ開宴、大部分の時間を出席者の懇親にさいた。この日のために出演を依頼した、西本梨江さん(ピアノ)、前田綾子さん(フルート)の演奏で和やかな雰囲気を醸し出した。

 午後6時30分、原田晴司副会長が感謝の挨拶と手締め音頭をとって散会した。

 
●原田会長挨拶

「創立以来の大事なお取引先、仕入れ先、金融機関と株主各位のおかげで現在まで至った。ちょうど20年前の50周年に当時最老舗の利見商事さんと合併、関東クラウンから東京クラウンに改称した。同時に社長職を父隆司から継承し、20年間/7300日/17万5000時間の月日が過ぎた。この20年間は流通の変革が激しく、地域と業種を越えた資本消耗戦と不毛の競争となった。そして商業倫理や共存共栄、地域商権の調和は時代遅れの空気となった」

「不要な体力消耗ではなく、商品が正当な価値で取引され前向きに努力したものが正当に報われ、異なる価値観を認めあい、切磋琢磨する業界環境の成熟と再構築を願う次第です。在任中のご恩に感謝しこれからの我々グループに一層のご支援をお願いします」。

【東京クラウン】

戦後まもない昭和22(1947)年 東京青山で原田隆司氏(現和樹社長の祖父)の岳父橋本宰次さんが関東文具有限会社を創業、昭和45(1970)年 関東クラウンに、昭和61(1985)年 東京中小企業投資育成の出資受け入れ、平成8(1996)年 東京クラウンに。現在まで横浜紙平など15社と合併統合・社員承継。滝商事(現タキネット)、ダイヤ事務機(現ダイアテックス)、静岡クラウンと経営統合している。本社は東京都江東区新大橋2-13-4、東日本地域に11支店と物流センターを展開。連結売上高200億円、社員数230名。


才媛の名演奏で魅惑

 西本梨江さんは桐朋学園大卒。ヤマハJOC全国大会最優秀賞受賞、国際交流基金と難民を助ける会で日露友好コンサートの日本代表、NHKドラマ「櫂」の編曲とピアノ演奏、ひめじ観光大使を務めるアーティスト。前田綾子さんは神戸学院大音楽部卒、フランス・オルネー国立音楽学校、パリ20区音楽院をすべて満場一致の首席1等賞。エコール・ノルマ最高栄誉賞受賞。近年は中国、シンガポール、台湾などアジア地域でフルートカルテットメンバーとして活躍中。2012年度日本管打吹奏楽アカデミー賞受賞。謝恩の会ではバラ色の人生、ラプソディー・イン・ブルー、ノクターンOp.9-2、イマジン、リベルタンゴなど華麗な演奏を披露した。

[最近の記事一覧]