文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

キングジム、開発製品の市場導入にクラウドファンディングを活用

2017年10月11日

「トレネ」は、スマートフォンとの連携で、離席したかを自動で判断し、荷物に振動が加わると、アラームで知らせてくれる

 キングジム(宮本彰社長)は、マクアケ(中山亮太郎社長)が運営するクラウドファンディングサービス「Makuake」を利用した同社初となるプロジェクトを10月11日から開始した。

 利用する開発製品は、一人での離席の際に、荷物を見守るデジタルツール、モニタリングアラーム「トレネ」。

 プロジェクトの期間は2018年1月10日までの3か月間。キングジムは、クラウドファンディングを、新規概念商品の市場受容性の確認及びユーザーに対するコミュニケーション手段の1つとして活用する。

 「トレネ」は、カフェなどの外出先で荷物を置いたまま離席するときに、スマートフォンと連携して荷物の"見守り"をしてくれるデジタルツール。

 スマートフォンと「トレネ」を専用アプリで連携させ、荷物の上に「トレネ」を置く。スマートフォンを持ったまま「トレネ」から離れると自動的に警戒状態になり、荷物を動かそうとして「トレネ」に振動が加わると、警告のアラームが鳴る。

 スマートフォンを持って「トレネ」に近づくと自動的に警戒状態が解除され、この時に「トレネ」に振動が加わっても、アラームが鳴ることはない。

 予定価格は税抜6,800円で、2018年2月下旬頃の発売を予定する。

プロジェクトページ  https://www.makuake.com/project/trene/

[最近の記事一覧]