文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

ぺんてる調査、学生7割以上がお気に入りのシャープペンで集中力に影響

2018年03月02日

 ぺんてるは、300名を対象にインターネット調査による「東京六大学卒業生・在校生調査」を2018年1月に実施した。

 受験シーズンも一段落し、受験生は結果に一喜一憂する季節。しかし、またすぐに新学期や受験期が始まり、それに備え、準備を始めなければならない。ぺんてるは、勉強の必須アイテムでもある文房具購入のハイシーズンを迎えるにあたり、東京六大学卒業生・在校生(以下、東京六大学生)に対し、受験や勉強で重要だったことについて調査した。今回の調査では、受験勉強を始めた時期について、「1年前」からと東京六大学生の半数近く(43.7%)という結果がでている。来春の受験に備えて、調査結果を基に勉強法を見直してみてはいかが。



■コツコツ習慣が受験への近道。半数以上の東京六大学生が普段から「毎日」勉強していた!

 普段の勉強頻度は、「毎日」が57.0%で圧倒的No.1となった。特に東大生に関しては、65.9%と、6割強の人が、毎日コツコツ勉強していたことが判明した。

■約6割の東大生が受験勉強では「集中力」が大切だと回答。

 東京六大学生に受験勉強で大事だと思う「力」について伺うと、「集中力」が40.4%で最も多かった。大学別にみると、東京大学は、59.5%と6割近くが「集中力」と回答。その他、早稲田大学、立教大学は、「継続力(40.0%)」を最も重要視するなど、各大学でカラーが見られた。

 さらに、どのくらいの時間、集中力を維持できるか伺うと、東京六大学全体で「1時間程(43.8%)」、次に「30分程(17.0%)」、「1.5時間程度(13.6%)」と続いた。

■7割以上がお気に入りのシャープペンとそうでないシャープペンで、勉強する際の集中力に「影響があった」、または「やや影響があった」と回答!

 次にお気に入りのシャープペンとそうでないシャープペンでは、勉強する際の集中力に影響があったか問うと、「影響があった(27%)」または「やや影響があった(45%)」と、7割以上の人が「影響があった」と回答した。受験期などの勝負時、お気に入りのシャープペンを持っているか否かが集中力に大きな差を生むようだ。

■調査概要

「東京六大学卒業生・在校生調査」
・調査方法:インターネットアンケート調査
・調査実施機関:株式会社ネオマーケティング
・調査実施期間:2018年1月24日~1月26日
・対象地域:全国
・対象者:東京六大学卒業生・在校生 男性182名 女性118名 計300名

[最近の記事一覧]