文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

「シヤチハタ・ニュープロダクト・デザイン・コンペティション」開催決定

2018年03月12日

 シヤチハタ(舟橋正剛社長)は、新しいプロダクトのデザインを募る「11th SHACHIHATA New Product Design Competition シヤチハタ・ニュープロダクト・デザイン・コンペティション」に特別協賛し、10年ぶりに再開する。

 シヤチハタ・ニュープロダクト・デザイン・コンペティションは、同社が1999年から10回にわたり開催してきた、プロダクトデザインのコンペティション。2008年を最後に一旦休止していたが、10年の歳月を経て再開することになり、2018年4月1日から応募を開始する。なお、同コンペはより大きな視点でモノづくりの普及啓発に取り組むため、今回から一般社団法人未来ものづくり振興会が主催し開催する。

 今回のテーマは「しるしの価値-THE Value of the sign-」。自分であることの「しるし」(アイデンティティ)を表すプロダクトもしくは、仕組みを募集する。自分であることの「しるし」を示す手法が多様化した今日、自分を「しるす」ことの価値はますます重要となっている。同社は、長年「しるす」文化の創造に携わってきた企業として、原点回帰ともいうべきこのテーマを、10年ぶりの開催となるこのコンペで広く世に問いたいと考えた。「しるす」ことの意義を再確認し、「しるす」文化の進化につながる貴重な機会になることを願い、広くアイデアを募集する。

 審査員には、10年前にも同役を務めた喜多俊之氏、後藤陽次郎氏、原研哉氏、深沢直人氏に加え、Webやインタラクティブデザインにおいて実績を持つ中村勇吾氏を新たに迎えた。なお受賞作品は、グランプリ1作品(賞金300万円)、準グランプリ2作品(賞金50万円)、審査員賞5作品(賞金20万円)、特別審査員賞1作品(賞金20万円)の9作品となり、商品化を検討する。また、全ての受賞作品は公式HP(https://sndc.design)で公開される他、都内で展示予定。


【第11回 シヤチハタ・ニュープロダクト・デザイン・コンペティション概要】

■応募受付期間:2018年4月1日~2018年5月31日24:00

■テーマ:しるしの価値-The Value of the sign-
自分であることの「しるし」(アイデンティティ)を表すためのプロダクトもしくは、仕組みを提案。なお応募作品は未発表のオリジナル作品に限る。

■参加資格:
 ・個人、グループ及び企業、団体。年齢、性別、職業、国籍不問。(ただし、日本語でのコミュニケーションが可能であること)
 ・入賞した場合、10月12日18時30分から東京都内で行われる表彰式に参加できること(交通費補助あり)

■賞:
グランプリ1作品(賞金300万円)、準グランプリ2作品(賞金50万円)、審査員賞5作品(賞金20万円)、特別審査員賞1作品(賞金20万円)※全ての受賞作品は公式HP(https://sndc.design)で公開される他、都内で展示予定

■主催:一般社団法人未来ものづくり振興会

■特別協賛:シヤチハタ株式会社

■公式サイトURL:  https://sndc.design

[最近の記事一覧]