文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

最終回の展覧会が始まる 9月で閉館 スヌーピーミュージアム

2018年04月21日

展示の紹介をしたジーンさんとスヌーピー

友情にまつわるエピソード描いた原画が展示された会場

 2018年9月に閉館を迎える東京・六本木の「スヌーピーミュージアム」で、4月21日から最終回の展覧会「ともだちは、みんな、ここにいる。」が始まった。9月24日まで。

 今回の展示では、最終回のために厳選された約80点の原画が並ぶ。ユニークな登場人物が織りなす人間模様や友情を描いている。シュルツ美術館が所蔵する最古の「ピーナッツ原画」や、スヌーピーとうさぎが仲良く遊ぶエピソードの原画などが見どころ。

 ミュージアムショップ「BROWN'S STORE(ブラウンズストア)」では新商品約150点を含むオリジナルグッズを販売する。

 カフェ「Cafe Blanket(カフェブランケット)」では、「ピーナッツ」の友情をモチーフにした新メニューを用意している。

 4月20日はプレスデーがあり、作者のチャールズ M.シュルツさんの妻ジーン・シュルツさんらが、スヌーピーとともに展示を回るギャラリーツアーがあった。ジーンさんは「9月でこの場所は終わってしまうが、(シュルツ美術館のある)サンタローザでまた会いましょう」と語っていた。

※通常ミュージアムにはスヌーピーはいない。

© Peanuts Worldwide LLC

[最近の記事一覧]