文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

キヤノン、フルサイズのミラーレスカメラを核とする新システム発表

2018年09月06日

(左から)キヤノン海原昇二ICB製品開発センター所長、キヤノン真栄田雅也社長、キヤノンマーケティングジャパン坂田正弘社長

ミラーレスが好調

 キヤノンは、9月5日、東京港区のキヤノンホール Sで、デジタルカメラの記者発表会を開催し、レンズ設計の自由度を高め、光学の可能性を広げる、カメラ・レンズで構成する新たなイメージングシステム「EOS R システム」を発表した。

 新システムは、ミラーレスカメラ「EOS R」、RFレンズ4機種、マウントアダプター4種で構成。

 注目の「EOS R」は、フルサイズのミラーレスで、「RFレンズ」との組み合わせによる優れた画質と豊かな表現力、多様なシーンに対応する「デュアルピクセル CMOS AF」、ファインダーから目を離さず撮影に集中できる快適な操作性を備えた。

 同社のフルサイズとAPS-C(ミドルクラス)のユーザーからの買い替え・買い増しを含めて幅広い層を取り込む。市場想定価格は、税抜23万7500円で、10月下旬から発売。

 また、プロ向けの大口径超望遠レンズ2機種、小型軽量の多機能ストロボなども順次発売する。

[最近の記事一覧]