文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

パーカー創業130周年記念モデル発表、9月末から 創業者曾孫も来日

2018年09月06日

有力販売店が来場

ソネット スペシャルエディションを発表

 ニューウェル・ラバーメイド・ジャパンは、9月5日東京千代田区の赤坂プリンス クラシックハウスで、新製品商談会「ファイン ライティング エグジビション 2018」を開催し、バイヤーや有力販売店などが商談に訪れた。

 同社が展開する、クラフトマンシップとデザイン革新のリーダーである高級筆記具ブランド「パーカー」をメインに、「ウォーターマン」、「ロットリング」などの新製品や最新情報を発信し、創業者の曾孫であるジェフリー・サッフォード・パーカー氏も来日、9月8日には代官山 蔦屋書店でトークイベントを行う。

 ブランド創業130周年記念モデルの第2弾として「ソネット スペシャルエディション」の4シリーズを発表し、注目を集めた。9月25日から出荷開始する。

 「アトラスCT ~Journey~ 旅をする歓喜」(万年筆:税込54,000円、ボールペン:同32,400円)は、まだ見ぬ異国へ心を弾ませ世界中を旅することをこよなく愛した創業者ジョージ・S・パーカーの航海をコンセプトにデザイン。

 「メトロCT ~ Challenge ~ 未知への挑戦(万年筆:税込43,200円、ボールペン:同22,680円)」は、未知なる大都会へ足を踏み入れるときの興奮、期待、好奇心からインスパイアされた1本。

 「ストレータPGT ~ Explore ~ 新しい世界の探求」(万年筆:税込43,200円、ボールペン:同22,680円)は、地層や地層図にある自然の形状からインスパイアされた1本。

 「トランジットGT ~ Reflection ~ 内省を深める瞬間」(万年筆:税込43,200円、ボールペン:同22,680円)は、旅の記憶となる各国のパスポートや郵便切手からインスパイアされた1本。

 また、パーカーのエントリーライン「ジョッター」のボールペンにXLサイズが登場。「パーカー・アーバン」にパーカー独自の5thテクノロジーを搭載したペンが復刻。「パーカー・IM」にも再登場する。

 ウォーターマンの「メトロポリタン」から、パリジャンエッセンスを加えてよりエレガントに生まれ変わった新デザインが登場する。

 午後2時からのプレゼンテーションで、ニューウェル・ラバーメイド・ジャパン箸方千恵子執行役員営業本部長は「パーカーは130年前に誕生し、長い旅を経て、いま現在も日本で愛されている」と挨拶。

 ロンドンから高級筆記具部門のグローバル責任者であるアーネスト・フーヴァー氏は「日本は世界で2番目に大きなマーケット。今後は活性化に向けて、若年層を取り込み、さらなる発展につなげていく」と述べた。

 続いて、ジェフリー氏が、パーカーの歴史を振り返りながら、「創業者ジョージは、本能に従い、世界中を旅し、探索してパーカーの立ち上げを築き上げた。人生という旅を続ける私にとってもパーカーは友達」とブランド創業130周年を祝うスピーチ。

 最後に、関一瞳マーケティング部部長が、「ソネット スペシャルエディション」のプロモーションとメディア計画を説明し、「チャネル戦略では、商品ラインナップの選定、見せ方、コミュニケーションを含め、売場のメリットを最大化するコーナー作りを提案する」とした。

[最近の記事一覧]