文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

コクヨ、ロンドンのポップアップストアが好評 今後の海外展開を視野に

2018年10月10日

ロンドンに初出店

コクヨTOTの加畑(右)さんと池田さん

 ロンドンに期間限定で出店している、コクヨ(黒田英邦社長)のライフスタイルショップ& カフェ「THINK OF THINGS」(TOT、東京・千駄ヶ谷)のポップアップストアを訪れた。

 場所は、英国ロンドン東部のショーディッチ駅から徒歩3分ほどの角地にある店舗「インハウス」で、10月3日~14日の期間限定でオープンしている。

 ショーディッチ地区は東京でいえば原宿のような場所で、流行やファッショに敏感な国内外の人たちが多く立ち寄るスポット。TOTが日本で居を構える千駄ヶ谷地区との共通項を感じた。

 店内はTHINK OF THINGS のコンセプトを反映した空間デザインの中で、大人5、6人が入れるほどの、約10㎡ほどのコンパクトなスペースながら、1日平均で約100人が訪れ、週末は特に混雑するという。

 東京のTOTから加畑(かばた)さんと池田さんが2週間の予定で派遣された。美大出身の加畑さんは、製品の持つ機能性やデザイン性について来店客に丁寧に接客し、現地でも日本流の「おもてなし」を実践。紹介している商品は、コクヨの定番「キャンパスノート」をはじめ、カドケシ、測量野帳などのステーショナリーや、ロンドンでの実験ストアとしての位置づけで、ペンケース、有田焼コーヒーカップや賞状ケースなど日本製品ならではのグッズも展開していた。

 コクヨのTOTは、2017年5月のオープン以降、特に、来店数の約3割を占める欧米やアジア地域からの客や、海外メディア、リテーラーから想定以上の反響を得ており、THINK OF THINGSで展開する商品やデザインなどのコンテンツが、グローバルで評価される可能性を実感している。

 海外第1弾となるロンドンでの反応を受けて、今後、TOTブランドの世界展開への検証を目的に、欧米やアジアでポップアップストア形態での展開が進みそうだ。


【ポップアップストア概要】


会期:2018年10月3日(水)~14日(日)
営業時間:11時~18時(月~土)・11時~17時(日)
会場:IN HOUSE (67 Redchurch Street London E2 7DJ)
店舗面積:約10㎡
WEBサイト:http://www.think-of-things.com

[最近の記事一覧]