文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

MDS春夏商品の商談会 166社が出展 営業部からの提案も行う 

2019年02月09日

文具女子アワード受賞商品を紹介。店頭で紹介できるよう、900ミリ幅の棚に落とし込んだ提案

コクヨとMDSのコラボコーナー「ANYWHEREーどこでも自分の仕事空間ー」では、新商品「モチハコ」シリーズをメインに展開

 店頭向け提案型文具卸、エムディーエス(MDS、蔀聡志社長)は、2月6、7日の2日間、東京都台東区の都立産業貿易センター台東館で、「2019 SPRING & SUMMER MDS FAIR」を開催し、約650名が来場した。

 新規出展(ゼンリン、新寿堂、山口証券印刷、サンボンガワ、加藤製本、佐々木印刷、アーブル、日本ケミフェルト)を含む166社が出展した。

 会場は、4階、5階の2フロアに各メーカーのブースが設けられ、午前9時の開場とともに徐々に来場者で混雑。春夏シーズンに向けた商談でにぎわった。

 今期を通じてのテーマは「ENMUSUBI」で、問屋という立場として、得意先とメーカーの縁を結ぶ役割でありたいとの想いを込めた。

 MDSとメーカーとのコラボコーナーは、コクヨ、デザインフィル、マルアイの各商品を紹介。MDS提案コーナーでは、昨年12月に開催され3万5000人を動員した「文具女子博」でのアワード受賞商品を入り口近くに配置したほか、T.Sブランド、東京ワザマチを提案した。

 さらに初の試みとして、MDS営業により切り口を変えた提案を棚単位で行い、ボタニカル文具、らくらく梱包グッズ、パープルコーデ ステーショナリー、フレッシャーズ for men & women、とりブング(鳥好き)、アウトドアブング(大人のキャンプ)、ガレージブング(趣味のDIY)、カフェ(カフェ巡り)、スタディプランナー、夏の風物詩をそれぞれ設けた。

[最近の記事一覧]