文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

リコーとPR TIMESが提携 THETA活用によるプレスリリース配信で 

2019年03月25日

(右から)リコー大谷渉執行役員、 PR TIMES山口拓己代表

「RICOH THETA V」の無料レンタルも行う

 PR TIMES(山口拓己代表取締役)とリコー(山下良則社長)は、3月25日都内で発表会を開き、同日に業務提携契約を締結し、360°のイメージを活用したプレスリリースを配信できる新機能の提供と、双方の営業・マーケティングに関する協力を開始した。

 両社は、RICOH THETAで撮影した360°の画像をクラウドサービス「THETA 360.biz」で保存し、複雑な操作を必要とせずアクションで「PR TIMES」プレスリリース投稿画面に挿入する新機能を共同開発した。

 企業が新情報を発表する際、自前で簡単に360°の画像を撮影してプレスリリースに表示することが可能になり、店舗や住宅、オフィス、工場、学校などの施設や各種のイベントなど、企業自らが発信する情報の価値を大きく高めることができる。

 PR TIMES が展開する「PR TIMES」は、月間1万本を超えるプレスリリースが集まる国内トップのプレスリリース配信プラットフォーム。大企業からスタートアップ、地方自治体まで、2万8000社超(2019年2月時点)の企業に利用されている。

 挨拶に立った、リコーSmartVision事業本部の大谷渉事業本部長は「リコーは、360°全天球を撮影できるというコンセプトで、2013年から世界初の360°カメラ(RICOH THETA・リコーシータ)シリーズを展開。毎年、着々と進化させてきた。また、ビジネスシーンでの利用を対象に、自社webサイトなどで簡単に360度のイメージを用いたコンテンツを作成・活用することができるクラウドサービス『THETA 360.biz』を提供し、これまでに不動産や観光業界を中心に5000社超の企業に導入されている。今回のPR TIMESとの提携は親和性が高く、良い組み合わせ」と述べた。

 2社は、撮影用にリコーの360°カメラ「RICOH THETA V」と撮影用三脚を無料レンタルするほか、360°のイメージを活用した広報活動のための勉強会を4月22日開催し、活用シーンや撮影ノウハウを伝える。

[最近の記事一覧]