文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

MDS商談会に157社が出展 マルシェ風の什器で雰囲気変化

2019年07月12日

MDSとコクヨのコラボコーナーの展示は、あまりの混雑で写真撮影がなかなかできないほど

ぺんてるブースには、今年40周年を迎えた「プラマン」の記念限定カラーをはじめとした筆記具が充実

 店頭向け提案型文具卸、エムディーエス(蔀聡志社長)は、7月11、12日の2日間、東京都台東区の都立産業貿易センター台東館で、「2019 MDS 年末商品商談会」を開催した。

 157社が出展し、約650名の来場を見込んだ。会場は、6、7階の2フロアに各メーカーのブースが設けられ、午前9時の開場とともに徐々に来場者で混雑した。

 今回のテーマは「本気力(マジ)注入」。「これまで以上の本気力を示し、そのエッセンスをメーカーや得意先に注入してがんばりたい」という思いを込めた。

 エムディーエスとコクヨのコラボコーナーでは、セレクトショップをイメージしたブース「Marché “the new standard” 〜T.S〜」を展開。「neo vintage」、「働くオトナのworkin' style」のコーナーを設置した。

 シヨウワノートのブースでは、ジャポニカ学習帳をモチーフにしたデザインのシールや消しゴムなどのグッズなどを展開。「これまでにないかわいさ!」とバイヤーの目を釘付けにしていた。

 エムディーエスは、「今後は商談会を変化させていきます」と説明。まずは会場の見た目と雰囲気を変化させるため、一部の出展メーカーにマルシェ風の什器を採用。バイヤーなどの訪問者と対面で会話ができるようにし、これまで以上に積極的なコミュニケーションを取ることができるようにした。

[最近の記事一覧]