文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

プラス 連結子会社プラススペースデザインを吸収合併

2010年07月16日

 プラス(港区、今泉公二社長)は、7月6日開催の取締役会で連結子会社の家具販売会社、プラススペースデザイン(PSD、港区、秋山俊介社長)を吸収合併することを決議した。8月6日の株主総会を経て、9月21日付けで合併する。

 プラスの連結売上高は1015億7600万円(平成22年5月期)。一方PSDの単体売上高は、31億2400万円(同)。

 オフィス家具市場を取り巻く環境は、今年年初から一部に景況回復が見られるものの、依然先行きの見通しが厳しい状況。プラスは社内カンパニーであるファニチャーカンパニーとPSDを統合することにより、顧客との接点をより拡大し、「高品質・低価格」をテーマに、市場が望む製品を開発、販売するオフィス家具メーカーとしてのさらなる進化を目指す。

[最近の記事一覧]