文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

リコー グローバルMDS事業を大幅に強化 13年度に売上3000億円

2011年01月20日

リコー我妻取締役専務執行役員(20日大手町)

リコージャパン畠中社長(20日大手町)

 リコー(近藤史朗社長)は、1月20日大手町で記者発表し、「マネージド・ドキュメント・サービス(MDS※)」事業を大幅に強化し、グローバル展開をさらに加速すると発表した。

 印刷コストやドキュメントマネジメントに関わるコスト削減が、企業の最終利益にどれだけの影響があるのか、企業のトップ層の認識は不十分であり、MDSの推進で顧客が経営資源をコアビジネスに集中できるよう、さらに踏み込む。

 我妻一紀グローバルマーケティング本部長は、「リコーは、デジタル複合機(MFP)などのハードウエアやソフトウエア、ドキュメントソリューションやITサービスなどのコア事業に加え、MDS事業を大幅に強化する」と説明。

 世界180カ国で構築してきたグローバルな販売・サービス体制を最大限に活かしながら、「さらに今後3年間でグローバルMDS事業の人材とインフラに約260億円を投じることで、グローバルMDSの事業基盤拡大を加速させ、2013年度にはMDS事業における売上高を、現在の3倍となる3000億円まで拡大する」(同氏)とした。


【MDS】オフィスにおけるドキュメント入出力状況の分析から、最適な機器の配置や効率的なドキュメントワークフローの提案を実施、その環境の運用・管理を請け負い、継続的に改善提案を行うサービスのこと。

[最近の記事一覧]