文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

朝日生命 次期カラープリンターにリコーを採用

2011年01月31日

 朝日生命保険は、全国約1万5千名の営業職員が顧客へのプレゼンテーションや保険設計に使用している営業用パソコン1万7500台と、全国約750拠点の営業所に設置しているカラープリンターを、2012年1月からリプレースする。プリンターはリコー製品を導入する。

 次期カラープリンターは、リコーの「IPSiO(イプシオ) SP C821」を採用する。

 同製品は使いやすい操作性と、高速と大量印刷に対応できる高い耐久性、そして、各種環境基準・省エネ基準を備えており、インターネット経由で出力機器の状態や利用状況を常時監視し、消耗品の自動配送や機器故障時に自動通報を行うリコーの管理サービスを取り入れることで、本来の業務に集中する環境を整える。

 さらに、朝日生命は今回、募集資料上のコンプライアンス強化を図る目的から、印刷された帳票をプリンター内で中綴じステープル(製本化)して出力するフィニッシャーをオプションとして採用する。

 「中綴じステープル印刷」を利用することで、募集資料を印刷する際、誤って他の帳票が混入することや、不備を無くすことが可能となる。

 一方、次期営業用パソコンは、顧客視点で利用できるよう、12.1型の大画面液晶タッチパネルを搭載した「コンバーチブル型のタブレットパソコン」となっており、富士通が、デザイン、使い易さ、信頼性を考慮して生命保険業界向けに設計・開発する。
 

[最近の記事一覧]