文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

ぺんてる ビクーニャエックスなど発表 レジェの絵画に高い関心

2011年08月24日

ぺんてる堀江社長(8月22日 日本橋小網町)

人気の姫系文具で女の子のワガママをかなえる「姫コレクション」シリーズを限定発売

 ぺんてる(東京都中央区、堀江圭馬社長)は、8月22日本社で2011年下期新製品の記者発表会を行い、新油性ボールペン「VICUNA(ビクーニャ)」のニューシリーズなど、7シリーズを発表した。また同日から本社1階で始まった「堀江幸夫 生誕100年 現代大家作品展」(8月22日~27日)に展示されたフェルナン・レジェの絵画には人だかりが絶えなかった。

 記者発表には、堀江社長の他、白石商品企画本部長、平間国内営業本部長ら5名が出席。

 堀江社長は「絵画展では2百数十点のコレクションの中から60点を展示した。レジェの作品は、テレビ番組で2000万円の鑑定評価をいただき、価格以上の価値があるとものと言われた。生前、創業者である祖父は、本社1階での展示を望んでおり、期間限定であっても実現できたことで喜んでいると思う」と作品展を紹介した。

 続いて新製品について「当社はビクーニャ、エナージェル、スリッチーズ、シュタインをパワーブランドとして展開している。ビクーニャは今までパーソナル向けだったが、オフィス向けを意識した『VICUNA X』(ビクーニャ・エックス)を開発。消費者とのコミュニケーションを重視して、新たにpixivという電子マンガを使用して紹介していく。さらにオフィス納品向けに『ENER GEL・X』(エナージェル・エックス)も投入する。またスリッチ、スリッチーズ、シュタインの3シリーズによる『姫コレクション』や、新ボールシャッター機構を搭載したノック式マーカー、筆ぺんのぺんてるがあえて開発した筆タッチのサインペン、図工クレヨン、静電気除去グッズなどを発売する。どちらかというとオフィス市場、納品市場向けのラインナップだが、震災でオフィス需要は落ち込んでおり、業界の活性化、復興に役立ちたい」と挨拶した。

 新製品のラインナップは、オフィス市場向けに100円のボリュームゾーンを狙った新油性ボールペン「VICUNA X」(2011年11月発売=以下略)、ゲルインキボールペンとシャープペン「ENER GEL・X」(7月)の他、スリッチ、スリッチーズ、シュタインの3シリーズについて、「姫」系をテーマに編集した女性向け「姫コレクション」(10月)、新たに開発した新ボールシャッター機構を搭載し、細字と大容量を可能にしたノック式マーカー「ハンディ」シリーズ(11月)、筆のタッチをサインペン感覚で楽しめる水性ペン「筆touchサインペン」(10月)、平成23年度から内容を刷新した教科書に対応した「ずこうクレヨン」(10月)、女性の声を取り入れたアートな柄の静電気除去グッズ「ビー・ビーンズ プチアート」(9月)。
 



 

[最近の記事一覧]