文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

ライフ新作展示会 東京下町の職人による手作りを一堂に披露

2011年09月02日

シンプルな表紙の「活版ノート」。油性インク使用により印刷されている(9月1日有楽町)

何に使うのかの珍品「チットスケッチ」(9月1日有楽町)

 高級紙製品メーカー、ライフ(東京都千代田区)は9月1日から2日まで、東京・有楽町の東京交通会館3階グリーンルームで新製品展示会を開催し、大量生産品では出せないハンドメイド独特の趣に多くの来場者が集まった。東京の他、大阪、博多、札幌の4都市で行う。

 同社製品のほとんどは、東京下町の職人による手作り。会場には、熟練した職人の新製品約40アイテムと定番の他、企画展示も行なった。

 主な新製品では、薄紙と方眼紙が交互に綴じられており、色々な使い方ができる「チットスケッチ」(840円)、速記ノートのデザイン性を高めた「ステノグラファー」シリーズ(3種、420円)、ノート見開きの左が方眼、右が無地のデュエットノート(方眼&無地、578円)と、同じく左が方眼、右が横罫の同(方眼&横罫、578円)、活版印刷で製造された「活版ノート」(4種、420円と473円)などを、来場者が見やすいように2カ所のコーナーで展開した。

 また、ポケットノート、ファーストノート(A6)、ファーストメモとプレインメモのA7判、クロス手帳、ノーブルノートカバー、住所録、フリーダイアリー、ビッグイコール、テンカラー封筒、メモ便箋・一筆箋 吸取付き、活版便箋・一筆箋などが紹介された。

 その他、貴重な過去の商品ストックを展示した企画展示「LIFE Retrospective」も設け、来場者の目を楽しませた。

[最近の記事一覧]