文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > 新製品情報


新製品情報

シャープ替芯「uni」 0.3から0.9まで最大10硬度計20種に拡充

2021年05月06日

シャープ替芯『uni(ユニ)』20種類。※0.3/0.5のHB/B/2Bは、2021年2月に発売済み

シンプルなスライド操作で開閉できるため、スムーズな芯の取り出しができる

 三菱鉛筆は、芯粉が紙面に密着することにより、こすれに強く、書いた後のノートをキレイに保つ新開発のシャープ替芯「uni(ユニ)」(220円)から、新たに0.3mm(硬度:2H/H)、0.4mm(同HB)、0.5mm(同4H/3H/2H/H/F/3B/4B)、0.7mm(同HB/B/2B)、0.9mm(同HB)の14種類の芯径と硬度を発売しラインアップを拡充、5月19日から発売する。

 2021年2月発売の芯径と硬度である0.3/0.5のHB/B/2Bの6種類を含め0.3/0.4/0.5/0.7/0.9mmの5芯径、最大4H~4Bの10硬度の計20種類となり、繊細な細書きからラフな太書きまでより幅広い用途に対応し、好みの濃さを選ぶことができ、個々のユーザーに寄り添う。

 シャープ替芯「ユニ」は、当社従来品の「強い」「濃い」「なめらか」という特長に加え、「汚れにくい」をプラスした、シャープ替芯の基幹ブランドとしては13年ぶりとなる新商品。

 同社独自成分配合により芯粉が紙面に密着するため、こすれに強く、いつまでもキレイな状態が続く。学習時のまとめノートなど、何度も見返すノート作りをする際に最適なシャープ替芯。

 くっきり濃いのに汚れにくく、マーカーを引いても文字がにじみにくい。

 また、ケースは、デザイン性と機能性を兼ね備えた新形状のスライド式ケース。

 生活空間になじむオフホワイトを基調としたシンプルなデザインで、使用時には簡単なスライド操作で開閉し、スムーズに芯を取り出すことができる。

[最近の記事一覧]