文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

コクヨ デザインアワード2011の表彰式を開催 再構築でテーマを刷新

2011年10月14日

グランプリ受賞「roll table」は、カットした紙では感じることができない無限の長さが、子供の自由な成長を育む。また、引っぱり転がすことで生まれる新たな世界は、こどもの好奇心をくすぐり、問いかける

受賞者、審査委員、コクヨ黒田社長らによる記念撮影(10月13日品川)

 コクヨ(黒田章裕社長)が、2011年2月1日~5月10日まで募集した、「コクヨデザインアワード2011」受賞作品の発表・表彰式と審査員によるトークショーが、10月13日午後4時から、港区の東京ショールーム・コクヨホールで行われ、合計1596作品(国内1343点、海外253点)の中から、グランプリ1作品、優秀賞4作品、コクヨ賞1作品を決定した。

 同アワードは、顧客起点でのモノづくりをより強化することを目的に、2002年にスタートして今年で9回目。

 今回のテーマは『Campus(キャンパス)=「学び」のデザイン』。
 
 「Campus」は、文具へ、家具へ、そして空間へと自らも成長を続けている同社独自の「学び」のブランド。一般ユーザーが「気が利いている」「積極的な気分になる」「使ってもらいたい」等、独自の「学び」を支援するステーショナリーやファニチャーについて、テーマにちなんだアイデアを募集した。

 審査委員は川島蓉子氏(伊藤忠ファッションシステム)、グエナエル・ニコラ氏(キュリオシティ代表) 、佐藤可士和氏(サムライ代表)、田川欣哉氏(takram design engineering代表) と、コクヨ黒田社長で審査した。

 黒田社長は、「このデザインアワードからは6点が商品化された。特にカドケシは多くの方から好評を得た。昨年は休止。ますます求められる商品の基準が高くなっていく中で、再構築を図り、今回からテーマを大きく変え、キャンパスをテーマに募った。キャンパスは、36年間ご愛顧いただいているコクヨのノートであり、自分がどのような姿勢で学んでいこうとしているのか、デザインしているのかの学びのブランドである。最近では新デザインも発表した。今回は優秀賞の方々に審査員の前でプレゼンしていただき、応募者の思いを直接聞く場も設けた」と挨拶した。

 表彰式では、グランプリに周囲を紙でロール状に包んだ子供用テーブル「roll table」(神戸意匠操練所)が選ばれ、黒田社長からトロフィーと副賞200万円が贈られた。

 その後、審査員によるトークショーが行われた。


■優秀賞(4作品、副賞50万円) 作品名/受賞者・グループ名

Campus Mist Pad /AUN2H4

読みやすいノート /西居 洋毅

2 way note /Fulldesignstudio

obilog /緑の少年団


■コクヨ賞(1作品、副賞10万円)

Makino /佐々木 愛

[最近の記事一覧]