文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

専門店同士が融合した新スタイル 伊東屋とユナイテッドアローズ

2011年10月14日

伊東屋とユナイテッドアローズの商品群が一つの統一した空間を創り出した

10月15日にオープンする阪急MEN'S TOKYO

 10月15日に有楽町に開業する「阪急MEN'S TOKYO(メンズトーキョー)」地下1階に、銀座・伊東屋(伊藤明社長)とファッションセレクトショップのユナイテッドアローズ(重松理社長)がコラボしたコーナー「itoya WITH UNITED ARROWS(イトーヤ ウィズ ユナイテッドアローズ)」がオープンするのを前に、13日報道関係者に披露された。

 出店フロアは、地下1階「モダンワーキングアクセサリーワールド」。売場面積は42.4坪で、「itoya」「UNITED ARROWS」の2ブランドが提案する万年筆、ノート、手帳、革小物から、機能的なバッグ、さらにネクタイ、ハンカチ、帽子までの男性のこだわりを追求するコーナーに仕上がった。

 店内は、UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)の店舗内装監修も務めるクリエイティブディレクター鴨志田康人氏が、同コラボレート全体のインテリアをプロデュース。

 高級感あふれる中にも賑わい感のある新しい陳列を演出する、オリジナル什器の監修も手がけており、従来の伊東屋店舗では見られなかった円形カウンターや円形什器など、ステーショナリーの陳列でも今までになかった新感覚のディスプレイを生み出し、銀座本店とは異なる新鮮なイメージを来店客に印象づける。

 また伊東屋の得意とする高級万年筆売場は、セレクトした商品群を新型什器を使った着席スタイルで接客。店長には、銀座本店で経験豊富な吉永有里氏が着任し、ユナイテッドアローズと伊東屋のスタッフをまとめる。

 今回のコラボについて、ユナイテッドアローズ経営企画室広報・CSRチームの前田由香里マネージャーは「今回のコラボコーナーでは当社初のライセンス事業を開始します。伊東屋さんとは目指しているモノが同じであり、文具をきっかけにお客様に新しいアプローチができることを期待しています」と話した。


所在地 東京都千代田区有楽町2-5-1 阪急MEN'S TOKYO B1「モダンワーキングアクセサリーワールド」

[最近の記事一覧]