文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

東名阪で賀詞交歓 「今年こそ」の掛け声で 1月5日

2012年01月06日

2012年の文具業界が始動(1月5日ロイヤルパークホテル)

東京業界では午後5時から、賀詞交歓に先立ち、平成23年度受章者をたたえる会が行われた。

 1月5日、東西の文具業界で合同賀詞交歓会が催され、2012年がスタートとした。

 東京は午後6時から中央区日本橋蛎殻町のロイヤルパークホテルに490名の生産、流通、販売関係5団体会員が集まった。

 当番団体の東京文具工業連盟・小川晃弘理事が進行役を務め、今泉嘉久会長は「新年早々、米国のコダック社株価低迷で上場廃止のニュースにショックを受けた。大手の名門企業の衰退は社会の大変動を示している。今年のキーワードはイノベーション(革新)だ。とりわけ流通ビジネスのイノベーションが進む」と挨拶。石川真一副会長の発声で乾杯し、出席者は、忙しげに会場内を年賀挨拶に歩き回った。

 一方、大阪業界は5日午後4時30分、大阪市内のヒルトンホテルに230名が参集、当番の大阪文紙事務器卸協同組合・松本武久理事長が「厳しい年明けだが、力を合わせ頑張ろう」と挨拶、賑やかに賀詞を交わした。

 席上、平成23年度旭日双光章を受章した杉浦敬久・ハグルマ封筒会長と大阪府産業功労者表彰の南里貫太郎・南里文具店代表の栄誉を祝福した。

 名古屋業界は市内の名古屋国際ホテルで催した。当番団体の中部文具工業協同組合・舟橋正剛理事長が「不安定な経済情勢のなかで、我々は本業に注力し、着実な成果を挙げよう」と挨拶、100余名の参加者と祝杯を上げた。

[最近の記事一覧]