文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

グランプリに「ワンピース」 ライセンシング・オブ・ザ・イヤー2012 

2012年07月09日

グランプリ受賞の様子。「ワンピース」は日本の幅広い世代から支持されている

受賞者の記念撮影

 ライセンスビジネスのアワード「Licensing of the Year 2012 in JAPAN(ライセンシング・オブ・ザ・イヤー)」(キャラクター・データバンク主催)の表彰式が、7月6日、東京ビッグサイトで開催された「ライセンシング ジャパン」内で行われ、「ワンピース」(東映アニメーション)が第4代目のグランプリを受賞した。

 同アワードは今年で4回目。2011年度に活躍したプロパティとして、一般投票、選定委員の選考を経て、グランプリと各部門の受賞プロパティが決定した。今年のノミネート数は111プロパティ。

 キャラクター・ライセンス賞には「こびとづかん」(チームこびとづかん)、ブランド・ライセンス賞には「nanoblock(R)」(カワダ/マスターマインド)、ライセンシング・エージェンシー賞は「PEANUTS」(ソニー・クリエイティブプロダクツ)、プロダクト・ライセンシー賞には「HOMESTAR R2-D2」(セガトイズ)。

 プロモーション・ライセンシー賞には「WALT DISNEY 110TH Anniversary OMOTESANDO HILLS Christmas 2011」(森ビル)、リテイル賞には「ユニクロ」(ユニクロ)、ニューフェース賞には「くまモン」(熊本県)がそれぞれ選ばれた。

 また選定委員特別賞は「魔法少女まどか☆マギカ」(アニプレックス)が受賞した。

 キャラクター・データバンクの陸川和男社長は「7部門に111と過去最多のノミネート数となった。多様なプロパティが受賞したことは、日本のキャラクターマーケットが多様化していることを表している」と講評した。


 

[最近の記事一覧]