文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

コクヨ上期連結売上高 前年同期比5.1%増の1452億8300万円

2012年08月03日

 コクヨ(黒田章裕社長)は7月26日、平成24年12月期第2四半期連結決算(平成24年1月~6月30日)を公表し、上期売上高は前年同期比5.1%増の1452億8300万円だった。

 営業利益は、前年同期比22.5%増の67億5200万円、経常利益は同25%増の72億3500万円、四半期純利益は同46.7%増の32億1100万円。

 ステーショナリー関連事業では、売上高は前年同期比6.0%増の498億6100万円(コクヨカムリンリミテッド等を新規連結したことによる増収37億円を含む)となったが、原材料価格の高騰や顧客獲得のための販売促進費の増加、海外への先行投資により、営業利益は前年同期比6.2%減の45億6700万円だった。

 また、ファニチャー関連事業では、後半(4~6月)の売上高は直販部門が前年を上回ったものの、前半(1月~3月)の落込みを補えず、売上高は前年同期比0.3%減の568億円となったが、経費削減に努めた結果、営業利益は前年同期比50.1%増の19億円だった。

 24年12月期通期連結では、売上高2740億円、営業利益50億円、経常利益55億円、当期純利益27億円、1株当たり当期純利益22.83円を見込む。

[最近の記事一覧]