文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

アトレヴィ東中野がオープン 地域密着型のデイリーな駅ビル

2012年09月04日

3階エスカレーター前、ブックストウキョウドウ

ステーショナリーコーナーには、デザイン性の高いアイテムが揃った

 駅ビルを展開するJR東日本グループのアトレ(東京都渋谷区、菊池眞澄社長)は、JR総武線東中野駅西口に全11ショップ、地上5階建ての駅ビル「アトレヴィ東中野」を8月31日オープンした。

 アトレヴィ東中野は、「Delightful Cube ~ふれあいがきこえる、いつもの場所~」をコンセプトに、日常の快適さや憩いを届ける生活密着型の店舗を集めた。また、駅直結の総合クリニックや保育園が地域住民の生活を支援する。

 3階ではワンフロアに、神保町の老舗書店「ブックストウキョウドウ/ペーパーバックカフェ」が出店。誰でも気軽に知的な時間を過ごすためのブック&カフェとして、カフェの窓から眺める風景を楽しみながら、購入した本を片手にお茶もできる。

 また、20~30代を中心とした女性が好む、高品質なステーショナリーを品揃え。カラフルなノートやペンケースなど、見た目にもかわいいアイテムが並ぶ。落ち着いたカラーや男性客を意識した商品もあった。

 アトレヴィ東中野は、年間売上8億8千万円、1日の入館者数8000名を見込む。

[最近の記事一覧]