文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

サイネージ事業、店頭広告ツールとして1月から展開 カシオ計算機

2012年11月26日

ファーストフードチェーンのコンテンツ例。キャラクターは簡単に変更することが出来る

樫尾社長とカシオサイネージ

 カシオ計算機(樫尾和雄社長)は、11月26日午後、品川で発表会を行い、新規顧客獲得とリピート顧客増大、そして競争優位性の確立を強力に支援する新開発の「カシオサイネージ」を核に、店頭広告の革新を目指す新事業を2013年1月から開始する。

 「カシオサイネージ」は、導入店の特性に合った投映キャラクターを自由に選ぶことができ、リアルさを追求したキャラクター型のスクリーンから来店者に語りかけることで、極めて優れたアテンション効果を実現する理想的な店頭広告ツール。

 同社が2年前に開発したハイブリッドプロジェクターを搭載し、先進のレーザー&LEDハイブリッド光源により、光源寿命約2万時間を実現した。

 投映するキャラクターは簡単に変更でき、リピート顧客を飽きさせない。また店舗に置きやすいコンパクトサイズを実現しており、設置工事も不要。さらに、多国籍の来店者に向けたマルチ言語対応、光源寿命約2万時間の実現など優れた特長を備えている。

 さらに、電子クーポンの発行などクラウドサービスも同時に提供することで、店舗の競争優位性を強力に支援する。

 発表会で樫尾社長は「新製品というよりも新規事業として発表する。お店にとって一番目に付く場所は店頭。そこでモニターではなくリアルな映像物体でお客様に話しかけるサイネージができないかという発想から開発した。それだけではなく、バックヤードのクラウドサービスとの連携により、スマホなどを活用してお店独自の販促サービスができる」と、店頭販促ツールとして訴求した。

 狙うターゲット層は、「コンビニエンスストア、ファーストフードやレストランなどを想定し、国内はサイネージ系に明るい流通業、また海外ではカシオ現地法人を経由して販売する」(同社)。

 価格は約100万円前後。初年度(~2013年3月)が2000台、来年度は2万台の販売を見込む。1月から日本、米国、英国で同時発売する。

[最近の記事一覧]