文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

リコー、韓国に販売会社を設立 アジアパシフィック事業展開を加速

2013年04月10日

 リコー(三浦善司社長)は、韓国のソウルに、リコーが100%出資する販売会社としてRicoh Korea Co,.Ltd.(リコーコリア、酒井陽久社長)を設立し、4月1日から韓国国内での自社販売網によるプロダクションプリンティング製品(マシン・消耗品)の販売を開始した。

 さらに将来的には、取り扱う製品を一般オフィス向けの複合機・プリンターなどに順次拡大し、オフィスソリューション事業も展開する予定。

 設立の狙いとして、現在、韓国におけるプロダクションプリンティング販売事業は、リコープロダクションプリントソリューションズ・ジャパン韓国支店が展開しているが、この資産を新たに設立するリコーコリアに譲渡することで、韓国におけるプロダクションプリンティング製品の販売・サービスを強化する。

 韓国ではすでに、連帳紙に出力するプリンターの販売・サービスを展開しており、韓国大手企業をはじめ多くの顧客に導入が進んでいる。今後は、カット紙に高速出力が可能な製品もラインアップに加え、韓国におけるプロダクションプリンティングに関わる顧客のニーズにワンストップかつ迅速に対応できる体制を築き、より効率的にマーケティングおよび販売活動を実施する。

【新会社概要】

名称:株式会社リコーコリア(英文表記:Ricoh Korea Co.,Ltd.)

本社所在地:Seocho-daero 314,10fl,Information & Communication 
Financial Cooperative,Seocho-gu,Seoul,Korea.

資本金:100,000,000ウオン

事業内容:プロダクションプリンター、複合機、プリンター、関連ソフトウエア、ソリューション、およびそれらのパーツサプライの販売・サービス

従業員数:50人予定(初年度)

[最近の記事一覧]