文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

コクヨS&T、電子帳票ソリューションを拡大 JFEシステムズと連携

2013年04月12日

コクヨS&T、JFEシステムズが提供する電子帳票システム

 コクヨS&T(大阪市、森川卓也社長)が提供するクラウド上での帳票生成からFAX・ファイル送信までを可能にするSaaS型クラウドサービス「伝票@Tovas(でんぴょうあっととばす)」と、JFEシステムズ(東京墨田区、菊川裕幸社長)が開発・提供する各種業務データを集約し、コンパクトにアーカイブできるソリューションサービス「DataDelivery(データデリバリ)」が連携し、電子帳票の活用範囲を社内から社外へ拡大するソリューションサービスの提供を4月9日から開始した。

 電子帳簿保存法の施行により法定帳簿を電子データで保存することが可能となるなど、近年、帳票の電子データ化が進んでいる。電子データ化による紙の削減は、環境への配慮やコストの面でのメリットがあることから、電子帳票システムを利用する企業からは、顧客や取引先など社外へ配信する帳票も、従来の郵送やFAXといった手段から、電子データ化したいという要望が高まっている。

 今回、コクヨS&Tが提供する「伝票@Tovas」とJFEシステムズが提供する「データデリバリー」が連携することにより、電子帳票データの活用範囲が、社内での一元管理・長期保存、閲覧・印刷から、FAX・ファイルによる社外への配信まで拡大する。これにより、利用企業の帳票電子化によって得られるコスト削減、業務負荷の軽減、セキュリティ改善のメリットが一層高まる。

[最近の記事一覧]