文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

「サラサクリップ×DECOPIC」デコフレーズスタンプコンテスト ゼブラ

2013年08月07日

8月20日から2週間、同コンテストの特別ブースがJOL原宿(東京都渋谷区)に設置される

 ゼブラ(東京都新宿区、石川真一社長)は、「サラサクリップ」発売10周年を記念し、スマートフォンアプリ「DECOPIC(デコピック)」とコラボした「デコフレーズスタンプコンテスト」を8月19日から2014年1月20日まで実施する。

 「サラサクリップ」は、2003年の発売以来、濃くてにじまない鮮やかな発色と、さらさらした書き心地が女子中高生を中心に人気のジェルボールペン。「DECOPIC」は若い女性を中心に世界で1600万以上ダウンロードされているカメラアプリで、イラストや文字の「スタンプ」などを使って、スマートフォンで撮影した写真をかわいくデコレーションすることができる。

 同コンテストは、サラサクリップを使って、絵や色で装飾した感情を表わした女子中高生独特のコミュニケーション文字である「デコフレーズ」を、全国文具店店頭やネットで募集するもの。同社の審査で大賞に選ばれた作品は、「DECOPIC」内でスタンプ化され、同アプリユーザーがSNSやメールなどを通じて友人とシェア出来るようになる。

 コンテストの応募方法は、日本全国の文具店店頭に置かれた応募はがきにデコフレーズを記入して郵送、またはデコフレーズを書いた用紙を撮影した画像をキャンペーンサイトから送信して応募できる。

 募集は2回に分かれており、第一回2013年8月19日~10月14日、第二回2013年10月15日~2014年1月20日。各回13名計26名が大賞に選出され、デコピックスタンプ化とともにシュシュストラップが贈られる。この他、優秀賞(各回25名計50名)、佳作(各回30名計60名)も用意する。

 同社は、「サラサクリップ」の手書きでの豊かな表現力と、アプリの伝達力とを掛け合わせることで、同製品コアユーザーである女子中高生のブランドロイヤリティや購買意欲を高めることを目指す。

[最近の記事一覧]