文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

第10回目 万年筆が最も似合う著名人 黒木瞳さん、大杉漣さんら表彰

2013年11月15日

2013年度受賞者の皆さん

副賞の万年筆を見せる潮田玲子さん

 2013年の万年筆が最も似合う著名人を表彰するハートラインプロジェクト「第10回 万年筆ベストコーディネイト賞 2013」が、11月14日、羽田空港第1旅客ターミナル内のギャラクシーホールで開催され、万年筆を縁に多数の著名人が集結した。

 同賞は今年で10回目。日本輸入筆記具協会、日本筆記具工業会と国内外筆記具メーカー16社の協力により、ハートラインプロジェクト実行委員会(赤堀正俊代表)が主催した。

 前年度受賞者選出部門では、女優の羽田美智子さんが俳優の山本圭さんを、脚本家の井上由美子さんが女優の黒木瞳さんを、元東京ヤクルトスワローズ監督の古田敦也さんが、元バトミントン選手の潮田玲子さんを選出。高級万年筆と記念品が贈呈された。

 一般選出部門で俳優の大杉漣さんとフリーアナウンサーの山岸舞彩さんが受賞し、同様に高級万年筆と記念品が贈呈された。

 受賞者からは「大切な人へ贈る『ありがとう』の メッセージ」が朗読された。

 表彰後は、受賞者5名と読売新聞特別編集委員でハートラインプロジェクト万年筆解説委員の橋本五郎氏とのトークショーも行われ、万年筆に対する想いや手紙を誰に送りたいかなどが語られ、多数の業界関係者も出席した会場は盛り上がった。

 また、昨年同様一般公募による大切な人に向けた手書きの「ありがとう」のメッセージを表彰する「ありがとう メッセージコンテスト ありがとうを贈ろう。」が実施された。

 なお、11月22日~12月23日、羽田空港書斎館横で、「10周年記念歴代受賞者『ありがとうメッセージ』アーカイブ・ギャラリー」が行われる。

 

[最近の記事一覧]