文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

旗艦店「イオンモール幕張新都心」12月20日オープン 蔦屋書店も出店

2013年12月17日

グランドモール1階の蔦屋書店

グランドモール1階のR.O.U

 イオンは12月16日、千葉市美浜区に20日開業する旗艦店「イオンモール幕張新都心」を報道関係者に公開し、世代と目的を明確に分けた4つのモール内では各所で文具も取り扱った。

「“夢中”が生まれる場所」をモールコンセプトにした次世代ショッピングモールには、日本初上陸、関東地区初出店を含む初ブランド・新業態92店舗、千葉県初出店92店舗を含む約360の専門店が入る。敷地面積は約19万2000平方メートル、延床面積は約40万2000平方メートル(立体駐車場含む)、駐車場は約7300台を収容する。

 子ども向けの職業体験テーマパーク「カンドゥー」、東映特撮ヒーローの体験型ミュージアム、テニスやフットサルのスポーツ施設、ペット専門ゾーンなど「体験型」となっているのが特徴だ。また吉本興業の「よしもと劇場」や、イベントができる公園スペースもある。

 文具関連では、グランドモール1階にカルチュア・コンビニエンス・クラブの「代官山 蔦屋書店」の3号店となる蔦屋書店とイオンの生活雑貨店R.O.U、同3階のイオン幕張新都心店の文具コーナー。またファミリーモール1階のイオン系の未来屋書店、2階モールゾーンのキッズ共和国などで大きく取り扱うが、いずれも狙う層を明確にし、文具販売の切り口を変えた。これ以外にも、多くの専門店で扱う。

[最近の記事一覧]