文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

ショウワグループ 妖怪ウォッチが下期売上に寄与、学習帳に注力

2014年08月09日

ジャポニカ学習帳

ジャポニカ フレンド学習帳はテレビ宣伝を予定

 ショウワノートとショウワグリムのショウワグループは、8月6日午前、2015新入学商談会開催中の浅草橋、共和フォーラム3階で記者発表し、両社社長の片岸茂社長が、前期業績と今期方針などについて発表した。21日~22日には大阪会場として、大阪OMMビルで開催し、東京345社881名、大阪253社469名の計598社1360名の来場を見込む。

 2015新入学に向けた商談会では、会場中央に新製品「ジャポニカ フレンド学習帳」のパネルが配置され、新キャラクターや新製品などが一堂に展示された。

 片岸社長は、グループの2014年6月期業績について「ノート、グリム共に売上が10%伸長した。ショウワノートでは学習帳は前年を割り微減だった。各社が熾烈な争いをしており、PB学習帳の影響もあり厳しい状況。反面、キャラクターは、上期はポケモンXY、LINE、アイカツが好調で、下期は1月開始のテレビと共に妖怪ウォッチがロケットスタートの勢いで、下期売上は予想以上の伸びを記録した。妖怪ウォッチは13年前の全盛期のとっとこハム太郎に近づくぐらいの勢いである。一方、ショウワグリムは、主力のおりがみの凋落傾向が止まらず微減が続くも、キャラクターが好調で2桁伸長の原動力となった」と総括。

 今期の方針として、「学習帳とおりがみの拡大販売を最大の目標とする。新製品の開発を強化し、不良品を出さないようにする。具体的には、ジャポニカ フレンド学習帳を今フェアのメインとする。グリムでは、おりがみについてはまだ新製品が出ていないが、伸ばしていく。またケシカス君でヒットのキャラクター消しゴムも拡大していく」と挨拶した。

 続いて新キャラクターとして、プリティーリズムシリーズ新番組「プリパラ」、年末映画公開の「アイカツ!」、バナナがモチーフの「ナナナ」、テレビアニメで10月スタートの「怪盗ジョーカー」、「すすめ!キッチン戦隊クックルン」、ペット型おもちゃキャラの「スプーンペット」が発表された。

 紹介された主な商品は、キャラレタ<2>(現在発売中)のほか、8月下旬発売が、妖怪ウォッチ<まとまるくん>、ヒーローバンク<1>、ナナナ、ONE DIRECTION<5ミリ方眼ノート>、プリパラ<じゆうちょう>。

 9月末発売が、妖怪ウォッチ<ころりんえんぴつ>、妖怪ウォッチ<7>にゃんとも!カラフルシリーズ、妖怪ウォッチ<クルトガ>。

 10月下旬発売が、ポケットモンスターXY、妖怪ウォッチ<ステップアップシール>、プリパラ<1>、ONE DIRECTION<ステーショナリーシリーズ>、と2015年お正月商品、2015年新学期商品。

 11月以降発売予定は、ポケットモンスターXY<ゲンカイシキ>、アイカツ!新シリーズ、プリパラ 新学期シリーズ。12月以降発売予定が、3D筆入れ。

 ショウワグリムからは、市松小紋千代紙、新感覚紙、妖怪ウォッチ(シールつきおりがみ、キャラクターシール、キャッシュブック、妖怪消しゴム)、ポチ袋、両面ドットちよがみの紹介のほか、プリちよを参考出品した。

[最近の記事一覧]