文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

撮影不要、書くだけでデータ化!ノートの未来進化系 コクヨS&T発表

2014年08月22日

中央が森川社長

専用ペンでノートに書き、ノートの「SAVEボックス」にチェックを記入するだけで、スマートフォン・タブレットでデータを取得することができ、書いた内容は専用アプリの文字認識機能で自動でテキスト化、キーワード検索も可能。ノート画像と一緒に文字認識結果もテキストで保存される

 コクヨS&T(森川卓也社長)は、8月21日東京品川ショールームで発表会を行い、専用ペンで紙のノートに文字や図表を書き、ノート上の所定の場所にチェックを入れるだけで手書きの内容をデータ化・アップロードできるデジタルノート「CamiApp(キャミアップ) S」を9月5日から発売すると発表した。

 8月22日からは、アマゾン、大型文具店などで予約受付を開始する。

 「CamiApp S」は、ノートカバーに内蔵されたセンサーによって、専用ペンの動きを認識し、専用ノートの所定の場所にチェックするだけで手書きデータをスマートフォンやタブレットに取得できる。また、取得されたデータはスマートフォン・タブレット(専用アプリ)経由でクラウドサービスへの自動アップロードができるので、従来のカメラやスキャナでのデータ化の手間を省き、効率よくデータ化できる。

 なお、取り込まれた手書きデータは、文字認識機能により自動でテキスト化され、検索に活用することができる。さらに、「打合せ記録」タイプの罫内容のノートを使えば、手書きで指定した日時でGoogleカレンダー上に貼り付けることが可能となる。

 商品は、本体、ノート、専用ペンがセット。本体のバリエーションは、ノートブックタイプ2種(Android版、iOS版)、メモパッドタイプ2種(Android版、iOS版)の計4種類。オープン価格だが、市場想定価格はノートブックタイプが2万円前後、メモパッドタイプが1万6000円前後。

 替えノートとしてノートブック3種類(横罫/方眼罫/打合せ記録、各税抜280円)、メモパッド3種類(横罫/方眼罫/打合せ記録、各税抜460円)を用意した。

「CamiApp S」は、専用アプリ(無料)を使用のスマートフォン・タブレットにインストールすることで使用できる。専用アプリ配信開始予定日は、Android版:2014年8月21日、iOS版:2014年8月末日。

 同社は今後、ソリューションパートナーと連携し、法人向けサービスへの展開を視野に入れた事業活動を行う。また「キャミアップ S」の発売に合わせて、アブラサスからは「CamiAPP S メモパッドタイプ専用ケースブックマークホルダー」やオフィス内移動用バッグ「たためる打合せバッグ for CamiAPP S」などが発売される。

 コクヨS&Tは、2011年からスマートフォンで撮るだけでノートに書かれた内容を簡単にデータ化できるキャミアップを販売している。従来のカメラやスキャナでデータ化する既存品も販売継続する。

 森川社長は発表会で「2011年にキャミアップを発売以来、累計50万ダウンロードと拡大していく中で、顧客からもっと簡単にデジタル化できないかととの要望に応えて、紙のノートに書くだけでそのままデジタル化できるキャミアップ Sの開発に至った」と挨拶した。

[最近の記事一覧]