文具と事務機のポータルサイト・株式会社ニチマ:文具の業界はあなたのライフ&ワークスタイルを支えています。

谷川商事株式会社

ホーム > ニュース


ニュース

リコー、3D プリント関連事業に参入 神奈川に顧客向け2拠点開設

2014年09月08日

 リコー(三浦善司社長)は、3Dプリンターをキーとしたアディティブ・マニュファクチャリング事業(AM事業)に参入する。事業の第一弾として、ものづくりイノベーション拠点「RICOH Rapid Fab(リコーラピッドファブ)」を神奈川県横浜市と厚木市に開設する。

 3Dプリンターは、設計データから手軽に試作品を造形し、時間とコストの節約に貢献できるとして、ものづくりの現場において関心が高まっている。リコーグループでは、20年以上にわたり設計業務で3Dプリンターを活用してきた実績に加え、試作や金型加工などの数々の技術を有していることから、AM事業を立ち上げることで、顧客のものづくりの現場を支援する。

 今年度は2つの「RICOH Rapid Fab」の運営を通して、3Dプリンターの仕入れ販売、3Dプリンター出力サービス、リコーの実践事例に基づくコンサルティング提案を展開し、今後はグローバルに拠点を順次拡張していく。日本における販売はリコージャパンが行う。

 「RICOH Rapid Fab」は、企業の設計・製造部門の顧客を中心に、3Dプリンターの活用によるものづくり変革を提案する場。実際の商品の確認のためのショールームとして利用できるほか、顧客のデータを用いた3Dプリンター出力サービスにも対応する。さらに、リコーの設計現場における3Dプリンターの活用事例に基づく、コンサルティングも行う。

 

【RICOH Rapid Fab 新横浜】(9月8日開設)

所在地:神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-3 (株)リコー 新横浜事業所内

【RICOH Rapid Fab 厚木】(9月下旬開設予定)

所在地:神奈川県厚木市下荻野1005 (株)リコー 厚木事業所内

[最近の記事一覧]